“岩地”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いはち33.3%
がらば33.3%
ソネ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“岩地”を含む作品のジャンル比率
産業 > 林業 > 林業(児童)100.0%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌2.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
乾燥地かんそうちすなはち岩地いはち砂地すなじ水分すいぶんすくないところでは
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
幾たびかの危難ののち、ようやく『コルポオ』の岩地がらばにたどり着き、その頂きに登ったところで、アルプスの山々は薄い朝霧の中で明け始めた。
焼畑コバ岩地ソネうつたつきも、張り合ひがついて来る。
山のことぶれ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)