“かっこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
確乎49.0%
括弧17.7%
掻込11.5%
羯鼓9.4%
恰好2.1%
下駄2.1%
各戸2.1%
確固2.1%
渇虎1.0%
駆込1.0%
駈込1.0%
駒下駄1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は働く能力を失い、一定の目的に向かって確乎たる歩を運ぶの能力を失ってはいたが、しかし常にも増して明知と厳正とを持っていた。
すると、の中央に、やや小さい円形の力が落ちることになるから、当然その圧し出された水が、上向き括弧())の形になるじゃないか。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
せっせと飯を掻込んで居る恭二のピクピクする「こめかみ」や条をつけた様な頸足しを見て居るうちに、栄蔵の心には、一種の、今までに経験しなかった愛情が湧き上った。
栄蔵の死 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
哀々たる銅角を吹き、羯鼓を打ち鳴らし、鉦板をたたいて行く——葬送の音楽が悲しげに闇を流れた。兵馬みな黙し、野面を蕭々と風もく。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「そんでもうち、……こないになったのん因果やさかい、……死んであんたにまります!」夫はビクリとして飛び上るような恰好しましてんけど
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「こんな小さな下駄穿いて——」と復た、子の無い豊世がめずらしそうに言った。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
住民は各戸蕎麦大豆の若干量を紙袋に入れて持参し、帰りには牛王福杖などを貰って来て耕地の端に刺す。ただその日その後で御狩を行うと、有田郡年中行事にあるのが、少しばかりかわっている。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
恐らくは何人といえども、が身にみてこの問題を提出したならば、確固たる答えをし得るものはあるまいと思う。もし為し得る人があるとすればもって世人に示して欲しい。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
今度は忍足ではない、彼は堂々と裏へ廻ったが果して光は大きかった、これ実に暗黒洞中の一道の光明——渇虎の清泉——。
愛か (新字新仮名) / 李光洙(著)
己に親孝行な娘が一人有っての、今年十七になるお久てえだが、今日吉原の角海老へ駆込んでって、親父が行立ちませんから何うか私の身体を買っておくんなさい
文七元結 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
おやマア何とまア見違え申しやすようにくおなんなすってマア、何処においでなせえましたかえ、五六日に勇助どんが駈込んで来ましてネ、お嬢さまは此方へねえかと云うから
「これは、これは、おうようこそや。……今の、を覗いたら、見事な駒下駄があったでの。」
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)