乞食学生こじきがくせい
大貧に、大正義、望むべからず ——フランソワ・ヴィヨン 第一回 一つの作品を、ひどく恥ずかしく思いながらも、この世の中に生きてゆく義務として、雑誌社に送ってしまった後の、作家の苦悶に就いては、聡明な諸君にも、あまり、おわかりになっていない筈 …
作品に特徴的な語句
いまし 帽子かむり 永久とわ かかわ くう 長剣つるぎ たく あるい 襤褸らんる 首肯しゅこう うさぎ 隻句せっく から 大人たいじん 嬉戯たわむれ まな なまり 蒼白そうはく ひと 浅間あさま 狼狽ろうばい たけ はなは 甲高かんだか たた 皮肉ひにく しわ ぼん 相槌あいづち まゆ 矢鱈やたら まれ はず はし 素人しろうと 紺絣こんがすり たま 綺麗きれい 綽名あだな 緋鯉ひごい 缶切かんき 老獪ろうかい きも ひざ おく 興醒きょうざ 花弁はなびら 草履ぞうり あお 蘇生そせい へび かえる あり 行衛ゆくえ てら たもと そで 逸早いちはや 黄金こがね たか くじら ひげ 骨骼こっかく 驕児きょうじ 騎虎きこ 駱駝らくだ 馴染なじみ 首肯うなず ひるがえ 飄然ひょうぜん 颯爽さっそう 顛倒てんとう あご ひたい すこぶ くつ あら いえど 障子しょうじ しず さび はさみ 銷沈しょうちん のぞ 親爺おやじ