“いつわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
49.1%
28.6%
10.9%
逸話7.3%
1.4%
1.4%
0.5%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そういったこの男の言葉は、りがなかった。自分でげこんで置いて、自分で助けたんだから、礼をされる筋合はない筈だった。
東京要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
びず怒らずらず、しかも鷹揚に食品定価の差等について説明する、一方ではあっさりとタオルの手落ちを謝しているようであった。
三斜晶系 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
計介苦痛を忍びながら、って臆病な百姓の風を装ったので、幸い間諜の疑いは晴らされたが、その代り人夫として酷使される事になった。
田原坂合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
とお祖父さんは口癖のように仰有る。家のものばかりでなく、碁の客謡曲の相手までが三度に一度は愛孫の逸話を拝聴させられる。
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
(これもあるいはりかもしれない)
猫の蚤とり武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「その枕の効能にりが無かったら、何んなと望みに任せて進ぜよう。金でも、道具でも——」
もって励まし、江南へ放って、呉軍へって降伏させます。——敵はかならず信じます。なぜなら、丞相に殺された蔡瑁の甥ですから
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
僭称の賊、欺瞞の悪兵。故にこそ、大いに逆賊操を討つべきではないか。彼がりの名分を立てるなら、われらはもって朝命を汚す暴賊を討つべしとなし、膺懲の大義を
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
恰も此の辺は沼沢地であり、走るに不便だ。追うこと暫くして、其の間半町、に賊将を獲んとした時、賊将上山六郎左衛門、って師直の身代りになって討死した。
四条畷の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「そうですよ、あの連中が一流どころですよ」と、せっかちになって先の男は事実をるのだった。「今度鮮人連中の作品が内地語で翻訳されたのを読んで私は先ず安心しましたね。 ...
天馬 (新字新仮名) / 金史良(著)