塩梅あんべえ)” の例文
作「話したってかんべえ、それで其の蚊帳質屋へ持って行こうって取りに掛ると、女房塩梅いし赤ん坊は寝て居るし」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「すっかり御無沙汰をしちゃった。お変りもないようで、こんな結構なことはねえ。ところで今日は少しお願いがあって来たんだが——、ちょうどいい塩梅だ、お坊も一緒に聞いておくれ」
「殿様、塩梅が悪いそうだね」
赤格子九郎右衛門の娘 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
塩梅いのでに逢いたいと存じまして、重三郎を少しのお暇を願いに遣りました処、一昨日出たぎり帰らねえとの御沙汰で恟り致しました
「すっかり御無沙汰をしちゃった。お変りもないようで、こんな結構なことはねえ。ところで今日は少しお願いがあって来たんだが——、ちょうどいい塩梅だ、お坊も一緒に聞いておくれ」
塩梅いから村の者は見舞に行ったってもえが、それを行かぬてえから大概人の不人情も分っていまさア、うか寄って顔を見てっておくんなさえ
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「ちょうどいい塩梅だ、これからチョクチョク遊びに来るとしよう」
兼「ありがてえ、毎日斯ういう塩梅え物があると世話がえが、昨日のは喰いながらも心配だッた」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「ちょうどいい塩梅だ、これからチョクチョク遊びに来るとしよう」
しの「さア此方へお上んなさいましは少し塩梅が悪くってネ、其処まで立ってくも苦艱でござえますから、何うかあんた此方へ這入っておくんなせえましよ」
「そいつはいい塩梅だ、——お品さんを見なかったか」
惣「もっと塩梅が悪くなると困るよう、しっかりしてよう、多助やアを連れて来るとかった」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「ちょうどいい塩梅だ。一緒に行ってみよう」
塩梅が悪くってッ転がって寝て居るでごぜえますから、私も魂消て塩梅がいかと尋ねますと、叔母さん面目ねえが勤めの中で赤子出来したよと云うから、私も魂消て
「え、ちょうどいい塩梅で——」
そりゃア何うも先生のでげすが、アヽやってお嬢さんもぶらぶら塩梅が悪くッておなさるし、何うかお気の紛れるようにと思って、身許から知ってるえ芸人でげすから
大分顔の色が悪いが、詰らねえ心に成ってはいけませんよ、一人のお父さまを見送らねえ貴方の身体ではえから、んなにましいたって、お父さまが塩梅が悪くなって
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
がね、六間堀の伯母が塩梅がわりいので、昨日見舞に行って泊って、先刻って見ると貸店になってるのサ、訳が分らねえから大屋さんへ行って聞いてみると、が今朝早く来て
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
長「塩梅がわるかったのだから仕方がねえ」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)