“可塩梅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いいあんばい66.7%
いゝあんばい33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すぐに降りやんだものですから、可塩梅だ、と然う云つてね、また、お前さん、すた/\駆出して行きなすつたよ。……へい、えゝ、お一人。——他にや其の時お友達は誰も居ずさ。
夜釣 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
可塩梅に帰りましたね。」
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
けれど、や、おまたあんまりおにからかつてはなりませんよ。さう、可塩梅にうつくしいへたさんが何時でもいるんぢやあありません。またつこちやうもんなら。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)