“嘆美”の読み方と例文
読み方割合
たんび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
われらが花を見るのは、植物学者以外は、この花の真目的を嘆美するのではなくて、多くは、ただその表面に現れている美を賞観して楽しんでいるにすぎない。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
徳育の方針ここに一定し、教化益々四海にく、明治二十七、八年に至って教育の効果はますますその光輝をち、内外の人士嘆美せざるはなき盛運に向いました。
国民教育の複本位 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
人を取扱う点にかけてなるほど老練だという嘆美の声を見出した上、人物としてもどこか偉そうに思われる点が、時々彼の眼を射るようにちらちら輝やいたにもかかわらず、その前にっている間
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)