誓之巻ちかいのまき
団欒石段菊の露秀を忘れよ東枕誓 団欒 後の日のまどいは楽しかりき。 「あの時は驚きましたっけねえ、新さん。」 とミリヤアドの顔嬉しげに打まもりつつ、高津は予を見向きていう。ミリヤアドの容体はおもいしより安らかにて、夏の半一度その健康を復せし …
作品に特徴的な語句
手巾これ あけ さみ 不可いけない いだ ちいさ 引被ひきかつ 心懸こころがか かわ たなそこ 散々さんざ とっ 莞爾にっこ ことば こうべ こう あが 出京 十分じっぷん のど こら いた かげ いかり おもい 思入おもいれ えん うち たまり 牛乳ミルク ひで せな えり 不可いけな かたわら しお 口惜くやし 可惜あったら 咽泣むせびな 四十しじゅう 大路おおじ さし かすか たび ひき のち 御名おんな 微笑ほほえみ あわただ 戸外おもて ぬぐ すわ たのし よう 此方こなた 洋琴オルガン すま ぬら 燈影とうえい ひとり すぐ まなこ みひら わたくし はだえ わか すか ひと 串戯じょうだん ほか 伏沈ふししず とぎ 低声こごえ そば たお 冷々ひやひや こがらし 動悸どうき いきおい 医師いしゃ なかば 厚衾あつぶすま いや 合乗あいのり つぶや 呼吸いき