淫売婦いんばいふ
此作は、名古屋刑務所長、佐藤乙二氏の、好意によって産れ得たことを附記す。 ——一九二三、七、六——若し私が、次に書きつけて行くようなことを、誰かから、「それは事実かい、それとも幻想かい、一体どっちなんだい?」と訊ねられるとしても、私はその中 …
作品に特徴的な語句
おこない まじわ おろ はずか しま あきらか しぼ とも かかわ またたき ぎも しっか あた 塵埃ごみ はず きわ 腫物しゅもつ しな はなはだ つら ゼロ くだ へら 兎角とか まる はるか 可成かな 残渣ざんさい うずくま よこ ばか たず かど めぐ ななめ ほう つか みさお 行方ゆくえ ちが 癌腫がんしゅ 相応ふさわ ひとみ 稍々やや 種々いろいろ 空頼そらだの うかが はず 素裸すっぱだか すべ 罐詰かんづめ もろ 膏薬こうやく ふく 自惚うぬぼ いじ 蹂躙じゅうりん 黴臭かびくさ かび いわし えさ 頽廃たいはい 頂戴ちょうだい しずか もや ふる 陋劣ろうれつ やみ 間歇かんけつ かんぬき 酸敗さんぱい 道化どうけ 遂々とうとう 途切とぎ 逍遙しょうよう とて 辟易へきえき 蝙蝠こうもり 蜘蛛くも 蝋燭ろうそく 蛞蝓なめくじ 血痕けっこん