“でし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
弟子97.4%
1.3%
徒弟0.7%
門弟0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とねんをおして、四弟子っていきました。かしらも、もうじっとしておれなくて、仔牛をひきながら、さがしにいきました。
花のき村と盗人たち (新字新仮名) / 新美南吉(著)
百樹曰、唐土にも弘智たる事あり。唐の世の僧義存してのち函中、毎月其これをいだし爪髪たるを剪薙とす。
別して鹿狩りについてはつの字崎の地理に詳しく犬を使うことが上手ゆえ、われら一同の叔父たちといえども、素人の仲間での黒人ながら、この連中に比べては先生と徒弟の相違がある
鹿狩り (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
けれど、なんといったって、市川宗家ほどの役者の、門弟になったなあ、あたしの名誉さ。
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)