“弟弟子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おとうとでし75.0%
おととでし25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“弟弟子”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかるに社交に長じていた弟弟子おとうとでしの柳橋のほうが、いつも彼よりいい寄席へ出演しては人気を煽っていた。
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
幼少ようしょうのとき、鞍馬くらま僧正谷そうじょうがたに果心居士かしんこじから教えられた幻術げんじゅつ。おそらく、あのくらいのことなら、弟弟子おとうとでし竹童ちくどうにもできるであろう」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「さし当って、身の落ちつく先もなくては困ろう。わしの弟弟子おととでしは昨今、開封かいほう東京とうけい大相国寺だいそうこくじにあって、智清禅師ちせいぜんじと衆人にあがめられておる。この添書てんしょをたずさえて、大相国寺へまいり、よう禅師にすがってみるがよい」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)