“佗住”の読み方と例文
読み方割合
わびずま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
是非もなく旧句をおもいしてふさぐことも、やがて度重るにつれ、過ぎにし年月、下町のかなたこなたに佗住いして、朝夕の湯帰りに見てすぎし町のさま
自選 荷風百句 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
震災後ずっと田端の坂の下の小家におじとおばと二人きりで佗住いをしている方へまわった。
花を持てる女 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
私の意識上の人生は、突然私の父があらわれて、そんな佗住いをしていた母や私を迎えることになった、曳舟通りに近い、或る狭い路地の奥の、新しい家のなかでようやく始っている。
幼年時代 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)