“既知”の読み方と例文
読み方割合
きち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
堀のためには、中泉が英太郎の手から受け取つて出した書付の内容は、未知の事の発明ではなくて、既知の事の証験として期待せられてゐるのである。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
その作用線のうちで、既知のしかも今までに知り得た唯一のもの、即ち光はこの場合問題にならない。それで全く未知の作用線を探す必要があるが、それは全然見当がつかない。
千里眼その他 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
それは一応絶望の人の言葉には聞えたが、そのには人生の平凡を寂しがるみもなければ、絶望からね上って将来の未知を既知って行こうとする好奇心も情熱も持っていなかった。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)