“突殺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つきころ80.0%
つッころ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さような事に頓着はいらぬから研ぐには及ばん、又憎い奴を突殺す時は錆槍で突いた方が、先の奴が痛いから此方がっていゝ心持
し給ふに合點ずと無理にこぢ這入見ればは如何に隱居は無慚にも夜具の中に突殺されて死したればアツとばかりに打驚きれ果てぞ居たりける
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
○「いえ、そら久しい以前絵に出た芳年いたんで、鰐鮫を竹槍で突殺している、鼻が柘榴鼻で口が鰐口で、眼が金壺眼で、えへゝゝ御免ねえ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
が何も手出し仕たじゃアねえのに、えるの斬るのと此処にいる人が云うなア分んねえ、も報いもえものを殿様が手出しいして、槍で突殺すと云うだから
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)