時分ときわ)” の例文
やがてまた足音がして、こんどは頭をぴかぴかの時分けにし、黒い太い眼鏡をかけた若主人が現われた。
最後の胡弓弾き (新字新仮名) / 新美南吉(著)
馬車が前を通るとき馭者台の上を見ると、木之助は、おやと意外に感じた。そこに乗っているのは長年見馴れたあの金聾さんではなく、頭を時分けにした若い男であった。
最後の胡弓弾き (新字新仮名) / 新美南吉(著)