時分じふん)” の例文
さな時分から、雄鷄自分べないものとばかりつてましたが、だん/″\きくなるうちに、自分えててびつくりしました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)