時分とき)” の例文
どうぞ御身を大事に遊ばして、必ず気をながくお持ち遊ばして、ね、決して短気をお出しなさらぬように——御気分のいい時分はこのをごらん遊ばして——私は東京に帰りましても
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)