“木匠”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こだくみ80.0%
もくしょう20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“木匠”を含む作品のジャンル比率
哲学 > キリスト教 > キリスト教14.3%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
仮令たとへ木匠こだくみの道は小なるにせよ其に一心の誠を委ね生命を懸けて、慾も大概あらましは忘れ卑劣きたなおもひも起さず、唯只鑿をもつては能く穿らんことを思ひ
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
力をきざ木匠こだくみ
若菜集 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
——これは、「ナザレの木匠もくしょうの子」の教を信じない、ヨセフの心にさえ異常な印象を与えた。
さまよえる猶太人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)