“たくみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タクミ
語句割合
56.0%
工匠10.8%
9.3%
内匠4.5%
2.2%
巧妙1.9%
1.9%
謀計1.9%
藝術1.5%
0.7%
名匠0.7%
巧緻0.7%
計略0.7%
姦計0.4%
計策0.4%
企圖0.4%
匠工0.4%
善巧0.4%
大匠0.4%
工人0.4%
巧手0.4%
巧計0.4%
悪計0.4%
技巧家0.4%
技術0.4%
木匠0.4%
芸術0.4%
計較0.4%
詭計0.4%
謀略0.4%
謀策0.4%
陰謀0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その他、鮨の材料を採ったあとの中落だの、だの、の白子だのをに調理したものが、ときどき常連にだけ突出された。
(新字新仮名) / 岡本かの子(著)
法城は呪詛の炎に焼かれざるはなく、百姓、商人、工匠たちの凡下は、住むべき家にもい、飢寒に泣く。——まず、そうした世の中じゃ。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
飛騨のとして木材の扱いに慣れた山間の飛騨人は、弘仁の頃までなお「言語容貌既に他国に異なり」と言われておった。
「私は加世と申します。肥前島原の高力左近太夫樣御家中、志賀玄蕃、同苗内匠の母でございます。これは次男内匠の嫁、關と申します」
お村の清元を聴かせたいから、もう少しと云うので、又お村を引上げられ、又二晩置いて行くと、もう向うの様子が違って、に掛りました。
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
武村兵曹じやうに、軍艦賓客ではあるが、軍艦とする水兵——水兵にも氣象れ、砲術航海術には際立つて巧妙なので
その御堂も只今は焼けてございませんが、何しろ国々の良材を御集めになった上に、高名たちばかり御召しになって、莫大黄金も御かまいなく、御造りになったものでございますから
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
もし僕の推定が誤らなければ、犯人たちの口を噤んで居る理由もわかるし、そこに鬼頭否園田の前科者としての謀計が働いて居るようにも思われる……
呪われの家 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
めでしは自然、そをおきて藝術のわざ
独絃哀歌 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
定め此婚姻げんと奸計に當りにお光が汚名赤繩たる所より白刄つて白洲砂石むてふ爽快なる物語はを次ぎ章を改め漸次々々に説分くべし
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
椽木割賦九輪請花露盤宝珠の体裁まで何所に可厭なるところもなく、水際立つたる細工ぶり、此が彼不器用らしき男の手にて出来たるものかと疑はるゝほど巧緻なれば、独りに歎じたまひて
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
思召すか假令どのやうなあればとてのその笑顏せてならうことかはほどのみもくるあれば詮方なし君樣愛想つきての計略かとはおながらりなりにつながるゝじと覺悟ながら其名ばかりはゆるしへよしや父樣にどのやうなおしみあればとてらぬこそ君樣なるものを
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「何も姦計だの、肩を持つの、というわけではない。弁護を引き受ける以上は、その者の罪を軽くするように尽力するのが弁護士の職分だ」
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「へえ、そのなんでございますか、旦那、その弁護士というやつは出刃打ちの肩を持って、人殺しの罪を女にろうという姦計なんでございますか」
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お秋の方のお腹の菊之助様をお世嗣に仕ようと申す計策ではないかと存ずる、其の際此の密書を中ば引裂いて逃げましたところの松蔭大藏の下人有助と申す者が
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
目「黙れ、新参の松蔭大藏と其の方兄五郎治兄弟の者は心を合せて、菊之助様をお世嗣にせんがめに御舎弟様を毒殺いたそうという計策の段々は此の方心得てるぞ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
日毎にクリストの賣買せらるゝ處にてこれを思ひめぐらす者これを願ひかつはや企圖ぬ、さればまた直ちにこれを行はむ 四九—五一
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
「事業」といふ匠工は唯一の甚五郎になるなり、「快楽」といふ食卓は最良の哲学者になるなり。ペダントリーといふ巨人は、屋根裡に突き上るほどの英雄になるなり。
人生に相渉るとは何の謂ぞ (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
「摂」とは摂受の意味で、つまり和光同塵、光をらげてに同ずること、すなわち一切の人たちをめとって、菩薩の大道に入らしめる、善巧な四つの方便が四摂法です。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
曲りたる矢にては羿も射て中てんこと難かるべく、飛騨の大匠鰹節小刀のみにては細工に困ずべし。
鼠頭魚釣り (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
又仏の像を造ること既にりて、堂に入るることを得ず、諸々工人計ることはず、に堂の戸をたむとせり。然るに汝、戸をたずして入るることを得つ。此れ皆汝がなり。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
みは何よりそれがよい。それでは、お園の旧夫とやらを、お前が巧手に取込んで。お園を
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
んとの巧計なるか急に打開けし言葉の調子と為り
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
はい、お妾の腹に出来ました鐵之丞と申します者を世にだそうというお妾の悪計に附きました者もございまして、御本腹の金之丞様を
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
どんな技巧家より、もっともっと熱心に、小さい象牙に、何やら、細かな図柄を彫り刻んでいた、闇太郎だ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
「おもとが、木匠の平次郎か、わしが稲田の親鸞でおざる、よい折に会った、おそろしいことは何もない、いやむしろよろこばしいことすらある」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
貴様が、自分の栄耀に眼がくらんで、子をかまいつけなんだように、わしは、わし自身の芸術の心にのみしたがって、貴様のことなど、意にもせんのじゃ。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
あのやうな良人不足刃渡りするやうな危險計較をするのやら、可愛さうにあの仲町さんまでを引合ひにして三方四方めて、此足はまあ何處
うらむらさき (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かしこにアキルレのためにいまなほデイダーミアを歎くにいたらしめし詭計をうれへ、またかしこにパルラーディオの罰をうく 六一—六三
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
其時急にわしは、僧院長セラピオンが悪魔の謀略を話した語を思出した。
クラリモンド (新字旧仮名) / テオフィル・ゴーチェ(著)
其の年の秋までに謀策仕遂せるのに一番むずかしいものは、浮舟という老女で年は五十四で、男優りの尋常ならんものがいて居ります。此者を手に入れんければなりません。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
……一、毒藥であったら? ロミオどのと縁組させておきながら、婚禮をさすときは、宗門となるによって、それでさうといふ陰謀毒藥ではあるまいものでもない。