“女壻”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じょせい33.3%
ぢよせい33.3%
むこ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“女壻”を含む作品のジャンル比率
文学 > その他の諸文学 > ギリシア文学20.0%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もと越後新潟の人で、抽斎と伊沢蘭軒との世話で、そう対馬守つしまのかみ義質よしかたの臣塩田氏の女壻じょせいとなった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
この時肥後国熊本の城主細川越中守斉護なりもりの四子寛五郎のぶごろうは、津軽順承ゆきつぐ女壻じょせいにせられて東上するので、途中良三と旅宿を同じうすることがあった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
五郎作が千葉氏の女壻ぢよせいになつて出されたと云ふ、喜多村筠庭ゐんていの説は疑はしい。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
アンキーセースの女壻むこにして、
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)