永遠のみどりえいえんのみどり
梢をふり仰ぐと、嫩葉のふくらみに優しいものがチラつくようだった。樹木が、春さきの樹木の姿が、彼をかすかに慰めていた。吉祥寺の下宿へ移ってからは、人は稀れにしか訪ねて来なかった。彼は一週間も十日も殆ど人 …
題名が同じ作品
永遠のみどり (新字旧仮名)原民喜 (著)