永遠のみどりえいえんのみどり
梢をふり仰ぐと、嫩葉のふくらみに優しいものがチラつくようだった。樹木が、春さきの樹木の姿が、彼をかすかに慰めていた。吉祥寺の下宿へ移ってからは、人は稀れにしか訪ねて来なかった。彼は一週間も十日も殆ど人間と会話をする機会がなかった。外に出て、 …
作品に特徴的な語句
しあわせ なつか はず かか おびや とま かな かつ 嘲笑ちょうしょう おぼ なつ 枕頭ちんとう くすのき まば 靴磨くつみがき くろず 一寸ちょっと ほか たたず わび 倉敷くらしき しの そば まる 出逢であ 別際わかれぎわ くさむら たた 呻吟しんぎん 咄嗟とっさ なご くちびる しゃべ うわさ さえず 土産みやげ 壁際かべぎわ めい たの あによめ 嫩葉わかば 家鴨あひる 尾道おのみち ほふ 己斐こい 幟町のぼりちょう たちま 息子むすこ 恰好かっこう 憔悴しょうすい おのの 戦慄せんりつ 手許てもと かつ さが そろ 揶揄やゆ えら ささ 支度したく 日和ひより 日毎ひごと 昂然こうぜん さら 暗澹あんたん 暢気のんき しばら 朝餉あさげ 木塀きべい 木蘭もくらん こずえ なし 梯子はしご かえで なら けやき 死骸しがい ほとん 残骸ざんがい 比喩ひゆ さび 清楚せいそ あふ さかのぼ ばく
題名が同じ作品
永遠のみどり (新字旧仮名)原民喜 (著)