“手断”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てぎ66.7%
ちぎ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手断”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、交渉の手断てぎれとなったのは、十六日の夕方に迫って――これが最後と云って来た使者が、門を出ると、途端であった。
お手許へ御返却申せば、何とぞ、これ限り手断てぎれとおあきらめ下されて
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
二人はこのごろT―のところへ届いた枝ごとのバナナを手断ちぎりながら、いろいろの話に耽った。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)