老いたる素戔嗚尊おいたるすさのおのみこと
高志の大蛇を退治した素戔嗚は、櫛名田姫を娶ると同時に、足名椎が治めてゐた部落の長となる事になつた。 足名椎は彼等夫婦の為に、出雲の須賀へ八広殿を建てた。宮は千木が天雲に隠れる程大きな建築であつた。 彼は新しい妻と共に、静な朝夕を送り始めた。 …
作品に特徴的な語句
をさ 微笑ほほゑ ひそか むろ みこと 小篠をざさ 悄然せうぜん はふ ことほ 稜威いつ 大蛇をろち あめ とも へさき 茫然ばうぜん はうむ がら 一際ひときは 会釈ゑしやく 倉皇さうくわう ふたたび 出雲いづも 刀子たうす 吃驚びつくり 咄嗟とつさ かじ 夕餉ゆふげ 女君をんなぎみ 屏風びやうぶ 弓杖ゆんづゑ はじ おもむろ 意嚮いかう あわただ 手強てごは 智慧ちゑ 暗黒くらやみ つか だま あふ みか つが さら むつま 荒野あらの あを みつぎ ひざまづ すか さへぎ 階段きざはし ゆぎ ひるがへ うち 丹塗にぬり たたず 何人なんぴと 何時いつ ぬす 光物ひかりもの 刹那せつな つるぎ 千木ちぎ うな 喪屋もや あざけ ねぐら 天雲あまぐも 奇特きどく きさき めと 容子ようす むし 少時しばらく とばり 弓勢ゆんぜい つる 征矢そや 御伴おとも 御歿おな 心算つもり 忌々いまいま たちま うやうや ことごと よろこ いよいよ 慟哭どうこく