“拗曲”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ようきょく66.7%
ねぢま33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“拗曲”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗習慣・民俗学・民族学4.5%
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.5%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一位いちい拗曲ようきょくした古木が竹の中に枝を拡げて、稀に来る人間の足を払ったり胴を支えたりする。
利根川水源地の山々 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
神聖観に護られて、固定のままあるいは拗曲ようきょくしたままに、伝った語句もある。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
意気で、うまみで持つてゐる清元を、ひて上品に拗曲ねぢまげようとするのはむしろ当流音曲の自殺である。