“しよは”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
背負50.0%
脊負50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
荷札扱ひにして来た、重さうな旅行鞄を、信吾が手伝つて、頭の禿げた松蔵に背負してる間に、静子は熟々其容子を見てゐた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
世間容赦なく彼等徳義上脊負した。彼等自身徳義上良心められるに、一旦茫然として、彼等であるかをつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)