“雨降”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あめふり66.7%
あまふ16.7%
あめふ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雨降”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
祖母の声掛りだから、母も不承々々って、雨降あめふりでも私の口のお使に番傘かたげて出懸けようとする。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
入梅つゆになッてからは毎日まいにち雨降あめふりそれやつ昨日きのふあがツて
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
雨降あまふ風間かざま、しょっちゅうそればかり考えない日とてはない私ではないか。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
じつ今日きょうここでそなた雨降あめふりの実況じっきょうせるつもりなのじゃ。ともうしてべつわし直接じかにやるのではない。あめにはあめ受持かかりがある……。』