“雨降:あめふり” の例文
“雨降:あめふり”を含む作品の著者(上位)作品数
三島霜川1
三遊亭円朝1
二葉亭四迷1
薄田泣菫1
“雨降:あめふり”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
祖母の声掛りだから、母も不承々々って、雨降あめふりでも私の口のお使に番傘かたげて出懸けようとする。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
入梅つゆになッてからは毎日まいにち雨降あめふりそれやつ昨日きのふあがツて
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
独逸の俘虜は物を買ふのに、屹度雨降あめふりの日をつて出掛ける。
と、福来博士は心配さうな顔をして空を見上げた。博士は心理学者だけに人間の事はよく注意してゐるが、お天道様てんとさま雨降あめふり雪降ゆきふりかで無ければ余り気には掛けてゐなかつた。
と懐に隠し持ったる短刀どすを引抜きましたから、新吉は「アレー」と逃げましたが、雨降あめふり揚句あげくで、ビショ/\頭まではねの上りますのに、うしろから新五郎はびっこを引きながら
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)