“御帰”のいろいろな読み方と例文
旧字:御歸
読み方(ふりがな)割合
おかえり25.0%
おかへ25.0%
おかへり25.0%
おんかえ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「門まで送ってあげよう。りょううねええん。御客が御帰おかえりだぞよ」
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
昨夕ゆふべ何時いつ御帰おかへりでした。ついつかれちまつて、仮寐うたゝねをしてゐたものだから、ちつとも気が付きませんでした。——てゐる所を御覧になつたんですか、先生も随分ひとわるいな。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
御帰おかへりになつたら一日赤坂の別荘の方へ遊びにお出下いでください、ねえ。梅が好いのであります。それは大きな梅林が有つて、一本々々種の違ふのを集めて二百本もあるが、皆老木ばかり。この梅などはまる為方しかたが無い! こんな若い野梅のうめまきのやうなもので、庭に植ゑられる花ぢやない。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ゆうしは浪のうえ御帰おんかえ御館おんやかた首尾しゅび如何いかゞ此方こなたにてはわすれねばこそおもいださずそろかしく
松の操美人の生埋:01 序 (新字新仮名) / 宇田川文海(著)