“九頭竜”の読み方と例文
旧字:九頭龍
読み方(ふりがな)割合
くずりゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“九頭竜”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲1.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
花田 そうだ。ぐずぐずしちゃいられない。おい青島、堂脇どうわき九頭竜くずりゅうの奴といっしょに来るといってたか。
ドモ又の死 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
鯉七 当国には、板取いたどりかえる九頭竜くずりゅうながれを合せて、日野川の大河。
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)