“大痛事”の読み方と例文
読み方割合
おおいたごと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの伊賀の連中へするか、どっちにしろ、ここでぼろい儲けをしようとたくらんでいる与の公にとっては、大痛事
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
お座敷に、我家から、に持たして出たんですがね。途中でかしたもんだから、押放出してげたんですもの。ヒヤリとしたわよ、真二つ。身上大痛事
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
もし、饗応役の御下命とすれば、御当家に取っては、大痛事じゃよ。——勅使の接伴司、つまり御馳走人の御役は、一切合財、私費をもって弁じるになっている。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)