“仕誼”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しぎ84.6%
ことわり15.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“仕誼”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
どこへ引越ひっこされる、と聞きましたら、(引越すんじゃない、夜遁よにげだい。)と怒鳴ります仕誼しぎで、一向その行先も分りませんが。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いいおくれてはかえって出そびれて頼むにも頼まれぬ仕誼しぎにもなることと、つかつかと前へ出た。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
たつの口ととなえて、ここから下の滝の伏樋ふせどいに通ずるよし言伝える、……危くはないけれど、そこだけはけたがかろう、と、……こんな事には気軽な玉江が、つい駆出して仕誼ことわりを言いに行ったのに、料理屋の女中が、わざわざ出て来て注意をした。
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
たつくちとなへて、此処ここから下の滝の伏樋ふせどいに通ずるよし言伝いいつたへる、……あぶなくはないけれど、其処そこだけはけたがからう、と、……こんな事には気軽な玉江が、つい駆出かけだして仕誼ことわりを言ひに行つたのに、料理屋の女中が、わざわざ出て来て注意をした。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)