“駆出”の読み方と例文
旧字:驅出
読み方(ふりがな)割合
かけだ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“駆出”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これが小説家であるなら今時駆出かけだしの作家でも一箇月に三拾円や五十円は取るのだもの、文壇の人に成つて拾年以上も経て居る。
執達吏 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
「さつき、駆出かけだして来て、薬屋の前でころんだのね、おおきなりをして、をかしかつたよ。」
処方秘箋 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)