“岡野”の読み方と例文
読み方割合
おかの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帰りに岡野へ寄って、与次郎は栗饅頭をたくさん買った。これを先生にみやげに持ってゆくんだと言って、袋をかかえて帰っていった。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
児玉氏は越前国敦賀の城主酒井右京亮忠毗の家来某のであった。二百石八人扶持の家である。与四郎の文内に弟があり、妹があって、彼を宗兵衛といい、岡野といった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
御新造様、は余計な事を申すようでございますが、岡野太夫様なぞは、以前は殿様/\と申上げたお方だが、拙宅へお手紙で無心をなさるとは、どのくらいの御苦労か知れません
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)