“右京亮”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うきょうのすけ66.7%
うきやうのすけ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“右京亮”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
児玉こだま氏は越前国敦賀つるがの城主酒井さかい右京亮うきょうのすけ忠毗ただやすの家来某のむすめであった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
上野国こうずけのくに高崎の城主松平右京亮うきょうのすけ輝聡てるとしの家来で、本郷弓町ゆみちょうに住んでいた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「菊坂をはさんで小役人、御家人の屋敷が二三百あつて、西には松平右京亮うきやうのすけ樣、南には松平伊賀守樣のお下屋敷があります」