深見夫人の死ふかみふじんのし
実業家深見家の夫人多代子が一月下旬のある夜に、熱海の海岸から投身自殺を遂げたという新聞記事が世間を騒がした。 多代子はことし三十七歳であるが、実際の年よりも余ほど若くみえるといわれるほどの美しい婦人で、種々の婦人事業や貧民救済事業にもほとん …
作品に特徴的な語句
とおる 打破だは ごころ あで 気配きづか 良人うち はな わき はず 平日へいじつ いや あん 根絶ねだ はた おそ くだ 乱心マニア にわ 呪詛のろい 執拗しつこ 媒妁ばいしゃく 容貌きりょう 寡言むくち 尾行びこう こん とも 衝動ショック たず 一切いっさい 亡骸なきがら 亢奮こうふん 人車くるま たお 仕業しわざ 仰山ぎょうさん 会得えとく 会釈えしゃく 何人なんぴと 供物くもつ 俯向うつむ 傍杖そばづえ もう 兄妹きょうだい 出来しゅったい なら 刹那せつな 刺青ほりもの 動坂どうざか つの 午飯ひるめし ども ども うわさ 奇禍きか 子細しさい 安堵あんど うち 就中なかんずく あと 後裔こうえい たちま 思召おぼしめ 悪戯いたずら にく 戦慄せんりつ 所詮しょせん こしら 挨拶あいさつ おお 旁々かたがた うま 是認ぜにん いとま 梅雨つゆ 横死おうし 此処ここ 気色けしき いけ 油蝉あぶらぜみ 玩具おもちゃ 生命いのち 生垣いけがき まゆ にら まつ たた ほこら 穏当おんとう 穿 はず 絨緞じゅうたん