“あたし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
48.7%
1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「何故そんな怖い顔をして被在るの。、𤢖じゃなくってよ。妾ので、貴下は𤢖に酷い目に逢ったと云うじゃアありませんか。」
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
吃驚していると、その手でひとつ、招き猫のような格好をしておいて、鼻の下へもっていって差恥んだように首を縮めて笑う。
今もし試みにその腹をいたら、鬼が出るか仏が出るか、何の何の、鬼でもない仏でもない、「あらのではお厭なの」、それあの花笄の小歌が今日見た水車の裾模様のまゝで出るのだ。
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
懇親といえば懇親あえて益する所はなく、いっそ窮屈極まるものと思って居たが、「あらのではお厭なの」、嬌喉玉を転ばすが如きこの妙音が、たちまち小歌という大知己を得させたので
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)