“兵古”の読み方と例文
読み方割合
へこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その兵古帯の上に、思いもかけぬ、福よかな肉の隆起があって、あっ、と思うほど、柔らかく、暖かく、悩ましく、顫える指さきを、吸盤のように奪うのだった。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
つんつるてんの飛白っぽに、白木綿の兵古帯を太く巻いた大男が、茶筌あたまを振り立てて、そこらで根から抜いて土のついてる六尺ほどの若木を獲物に渡り合うのにも
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
花模様の単衣物に、寝たり起きたりするために兵古帯を胸高に締めているのが、いかにも生々しく見え、その可愛いい唇は喀血のあとのように、鮮やかに濡れていて眼は大きな黒眼をもち