“古兵”の読み方と例文
読み方割合
ふるつわもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
心に潔しとしない事に、名刺一枚御荷担は申兼ぬる、と若武者だけにってかかると、その分は百も合点で、戦場往来の古兵
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
るべきもの流石古兵斥候虚実の見所誤らず畢竟手に仕業なければこそ余計な心が働きてむ者なるべしと考えつき、或日珠運に向って、此日本一果報男め、聞玉え我昨夜の夢に
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
何して、いい工合に、と独りで気を揉んだそうですが、さて口へ出そうとすると、何となく、気高い、神々しい処があって、戦場往来の古兵が、却って、武者ぶるいで一言も出んのだそうで。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)