“夜盗”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やとう50.0%
ロビンフツド50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夜盗”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
というたのもしい泰軒の言葉に、こんどこそはいかにもして夜泣きの片割れ乾雲丸を手に入れねばならぬと、栄三郎は強い決意を眉宇びうに示して、ひそかに武蔵太郎をしつつ夜盗やとうのごとく鈴川の邸内へ忍びこんだのだった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「俺達が夜盗ロビンフツドに変つたら、それこそ鬼に金棒と、奴等が震へてゐる有様を想像すると痛快ぢやないか!」
武者窓日記 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)