死の舞踏ダンスマカブル
「珍らしい事があるものだネ、東京の佐良井から手紙が来たよ」 「幽香子さんからですか」 「イヤ、あの厭な亭主野郎からだ」 「まあ」 愛子は、その可愛らしい眼を一杯にあけて、非難するような、だけど、少し道化たような表情を私に見せるのでした。 長 …
作品に特徴的な語句
ハズバンド とどま 矢張やっぱ あけ なぞ 石畳ペーヴメント 冥途よみじ かえ 旋律メロディ きわ ふせ うつろ 鍵盤キー おわ きずつ さき 四壁あたり こう 怨鬼おんき しば 終局カタストローフ あし キー 一寸ちょっと なが また 仇敵かたき 仔細しさい 何処どこ 何時いつ しか 冥府めいふ 剃刀かみそり 単衣ひとえ いや 叫喚きょうかん 可怪おか 可笑おか 呂律ろれつ 宛然さながら へや むし 崩折くずお 引釣ひきつ 強奏フォルテ 必死ひっし せわ ことごと ふる はばか 憤怒ふんぬ 我儘わがまま ほう 果敢はか 椅子いす 此方こちら 沢山たくさん 淫靡いんび ようや 無間むげん ひし 独逸ドイツ つぶ 知辺しるべ こわ わたし 素人しろうと 義兄あに 肌合はだあい 舞踏ダンス しいた ろう すべ かく 許婚いいなずけ 象牙ぞうげ 蹣跚まんさん 身体からだ 退