“せな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:セナ
語句割合
84.4%
7.4%
2.2%
脊中2.2%
背中1.5%
為無0.7%
0.7%
各〻背0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
われはハヤゆうべ見し顔のあかき老夫に負われて、とある山路をくなりけり。うしろよりはかのうつくしき人したがい来ましぬ。
竜潭譚 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
より勝手を知って居りますから、忽ちに市四郎が岩角にまって這い上り、の根へ足をけてのお藤を助けまして、水を飲ませ
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
船とむる遠方人のなくばこそ明日帰りこんとまち見め
源氏物語:19 薄雲 (新字新仮名) / 紫式部(著)
女の馬乘脊中に籠三巾の前掛カス卷横ぐはへ
対州厳原港にて (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
今日此頃全盛父母への孝養うらやましく、おの、いのらいのらねば、まちふるなき格子呪文れの背中手加减秘密まで、おもしろくなされて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
白砥小新田山のる山の枯れ為無常葉にもがも」(巻十四・三四三六)等がある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
しけ人妻かもよぐ船の忘れは為無ひ増すに (同・三五五七)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「赤駒を打ちてさ引き心引きいかなる吾許来むと言ふ」(巻十四・三五三六)、「渋渓の二上山に子産とふにも君が御為に鷲ぞ子生とふ」(巻十六・三八八二)があるのみである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
魏の李恵雍州に刺史たり、薪を負う者と塩を負う者とあり。同じくめて樹蔭に憩う。まさに行かんとして一羊皮を争う。各〻背ける物と言う。恵がいわく、これ甚だ弁じ易しと。