“胸懐”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
むなぶところ50.0%
きょうかい25.0%
ふところ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“胸懐”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そう云いながら父は、彼のせた胸懐むなぶところに顔をうずめている娘の美しい撫肩なでがたを、軽く二三度たたいた。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
さう云ひながら父は、彼の痩せた胸懐むなぶところに顔を埋めてゐる娘の美しい撫肩なでがたを、軽く二三度叩いた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
しかし、その他の諸将の胸懐きょうかいは、依然、見てとるにむずかしい容子ばかりである。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あゝ、自然の胸懐ふところ一時ひととき慰藉なぐさめに過ぎなかつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)