“述懐”のいろいろな読み方と例文
旧字:述懷
読み方(ふりがな)割合
じゅっかい97.6%
じっかい2.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“述懐”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.9%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こう云う述懐じゅっかいをしているよりも、タイピストの学校へはいるために駆落かけおちを試みるに越したことはない。
文放古 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ある時、かれは両国の橋番の小屋に休んで、番人のおやじにその述懐じゅっかいをすると、おやじも一緒に溜息をついた。
放し鰻 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「盗んだのか、盗まぬのか、それは、あたしどもには、きっぱりしたことは申されませんですが、ありようは……、と言っても、源右衛門さんの述懐じっかいですが、自分が盗んだのではなく、だれか知らないがお氷の入った桐箱をあがり口へおいて行った者があると、そう言うんでございます」
顎十郎捕物帳:08 氷献上 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)