“ぽっぽ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ポッポ
語句割合
懐中75.0%
25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「路銀は、他人様の、懐中ぽっぽに、あずけてあるんだ。のう、庄公、いやあー、目出度めでてえ、こうなりゃ、意地だあ」
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
「だが懐中ぽっぽに、せめてもう二十ルーブリあったらなあ、」と、ノズドゥリョフは語を継いだ。
「オホオホオホほんとにサ、仲々小悪戯こいたずらをしたもんだけれども、このはズーたいばかり大くッても一向しきなおぽっぽだもんだから、それで何時まで経ッても世話ばッかり焼けてなりゃアしないんだヨ」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)