“閉扉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あけず50.0%
へいひ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“閉扉”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 彫刻 > 彫刻史 各国の彫刻1.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こんな声が聞こえてきた。そうして覚兵衛と勘兵衛とが、閉扉あけずの館の方角をさして、走って行く足音が聞こえてきた。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
閉扉あけずの館の二階では、なお血闘が行なわれていた。頼母の家来の数名の者が、死骸となって転がっていた。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
屋根が揚げ卸しの出来るようになっており、縁と、脚がくるりになって揚げ縁になっていたもので、平日は、六ツ(午後六時)を打つと、観音堂を閉扉へいひするから商人は店を畳んで帰ってしまう。