“むつき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ムツキ
語句割合
襁褓80.3%
六月13.1%
睦月3.3%
正月1.6%
1.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは地球がまだその襁褓むつき時期にあり、その嬰児えいじの指をあらゆる方向にさし出していることをわたしに信ぜしめる。
保木で生れた長男を負って、私は襁褓むつき提げて、初めて移り住んだ長崎町の家、二男の生れた西荻窪の家、三男の生れた深川の家、長女と四男の生れた阿佐ヶ谷の家。
夢幻泡影 (新字新仮名) / 外村繁(著)
貧乏と質素につきものの子沢山は、弓之衆の組長屋にも沢山いて、屋敷屋敷の垣ごしには、襁褓むつきの干してあるのがひどく眼につく。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
名をオッタケッルロといへり、その襁褓むつきつゝまれし頃も、淫樂安逸をむさぼるその子ヴェンチェスラーオの鬚ある頃より遙に善かりき 一〇〇—一〇二
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
笹村はお銀に顔をしかめたが、長いあいだ襁褓むつきの始末などについて、母親にまかしきりにして来たお銀は、そんなことには鈍かった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
いいえどうしまして旦那。あのようにして慈善のために引き取ってやってる貧乏な児です。ばかな児なんですよ。頭の中には水でもはいっているんでしょう。御覧のとおり大きな頭をしています。私どももできるだけのことはしてやってるのですが、何分にも私どもは貧乏ですからね。いくら国もとの方へ手紙を出しましても、もう六月むつきというもの返事もありません。
こうしてが六月むつきが過ぎて行った。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その子は生まれて六月むつき目に人にさらわれてしまった。
月暦つきごよみ睦月むつき二日ふつか新月わかづきの眉をさなかる西に見ゆとふ
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
十九年前の春のこと、空っ風の吹く正月むつきの朝、すこし心願があったので供も連れず起き抜けに観音様まで参詣すると、大きな公孫樹いちょうの樹の蔭で赤児がピーピー泣いている、この寒空に捨て子だな、邪見の親もあるものだと、そぞろ惻隠そくいんの心を起こし抱き上げて見れば枕もとに小さい行李が置いてある。
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
しかも、その一艘の苫には、嬰児あかごむつきが干してあった。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)