バルザックの寝巻姿バルザックのねまきすがた
花子の首 一九二四年の倫敦の冬は陰気であった。私はユーストンの地下鉄の乗換場附近にある玄関に、日章旗を交錯した日本料理店胡月の卓子で、外交官の松岡、画家の山中、トンテム・ハム・コートの伊太利料理店の主人と暗い東洋風の部屋で、日本食の晩餐後お …
作品に特徴的な語句
ひし ひずめ ひそ うずく 一処ひとつところ みじめ 機会チャンス うつ あらわ とざ 希臘ギリシア 我父モンペール 蔽布ひふ かろ すべ うな わたし まか やみ フラン から 素描デッサン 花子アナコ 逍遙さまよ 馬来マレー 一瞥いちべつ うち 仰有おっしゃ 伯林ベルリン しか 倫敦ロンドン 偕調メロデー 兎角とかく かぶと 卓子テーブル さけ うめ 咏嘆えいたん むせ 哀々あいあい すす 喪心そうしん 女将おかみ 尖剣せんけん 尖塔せんとう しかばね 屡屡しばしば 巨鐘きょしょう 己惚うぬぼ 巴里パリ 幾個いくつ 引摺ひきず 復辟ふくへき たちま 恰好かっこう 情味じょうみ おどろ あい 慄然りつぜん 戦慄せんりつ 打萎うちしお すく 揶揄やゆ 攪乱かくらん 放縦ほうじゅう 敏捷びんしょう たた はす たか 晩餐ばんさん 書割かきわり 朦朧もうろう 果敢はか 桟敷さじき 椰子やし ほとん 殷々いんいん 沈思ちんし 波斯ペルシャ みなぎ ほのお あお 燕尾えんび 燭台しょくだい ひし むじな 独逸ドイツ 猥雑わいざつ 瑪瑙めのう 発止はっし 白粉おしろい しわ 破綻はたん 空隙くうげき 緞帳どんちょう 老年としより 背後うしろ