“大崩壊”の読み方と例文
読み方割合
おおくずれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ええ、気に入らずば代ってげさ、と滅多押しに、それでも、大崩壊の鼻を廻って、出島の中へ漕ぎ入れたでござります。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
八つが岳の山つづきにある赤々とした大崩壊の跡、金峯国師甲武信三国の山々、その高くえた頂、それから名も知られない山々の遠く近く重なり合った姿が、私達の眺望の中に入った。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
を出た鳥のように、町を、山の方へ、ひょいひょいとで飛んで、いや不恰好な蛙です——両側は家続きで、ちょうど大崩壊の、あの街道を見るように
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)