“阿那迩夜志”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
アナニヤシ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“阿那迩夜志”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史2.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
阿那迩夜志アナニヤシ愛袁登賣エヲトメヲトノリタマヒキオノ/\言竟之後ノリタマヒヲヘテノチニ告其妹曰ソノイモニ
倭女王卑弥呼考 (旧字旧仮名) / 白鳥庫吉(著)
伊耶那美命イザナミノミコトマヅ阿那迩夜志アナニヤシ愛袁登古エヲトコヲトノリタマヒ、ノチニ伊耶那岐命イザナキノミコト
倭女王卑弥呼考 (旧字旧仮名) / 白鳥庫吉(著)