山へ帰りゆく父やまへかえりゆくちち
父親は、遠い街に住んでいる息子が、どんな暮らしをしているかと思いました。そして、どうか一度いってみたいものだと思っていました。 しかし、年を取ると、なかなか知らぬところへ出かけるのはおっくうなものです。そして、自分の長らく住んでいたところが …
作品に特徴的な語句
うし 通行つうこう 見当みあ ぐら うえ なさ めん 何人なんびと 夜々よよ 故郷こきょう がた にわとり つよ かれ 往来おうらい むす のち 老人ろうじん ねん したが 工場こうじょう わか あや 容易ようい いえ よめ しら 見物けんぶつ 記念きねん かた よる えが そと 夕暮ゆうぐ 変化へんか あたら 壁板かべいた ほう 土蔵どぞう 生活せいかつ にち あか 道中どうちゅう 不便ふべん よこ なか あお おと しず あたま けむり 気乗きの からだ 人通ひとどお 湿 あいだ 月光げっこう かたむ さき 風当かぜあ ひか 真心まごころ うみ 眠静ねしず いし くだ かわ 気持きも 毎日まいにち まど そら 茫然ぼうぜん ほど あき うつ しず わたし 汽車きしゃ 永久えいきゅう